オファーは現在の物件価値の何%で承認する?

現在の評価額以上でのオファーは嬉しいものです。

何故なら、マーケットプレイスで販売してもコインが掛かる上に評価額 < 売却額-TAX10%になる保証は無いですし、普通に売却してしまうと20%ものTAXが掛かってしまうからです。

 

しかし、その物件もっと高く売却できるかもしれませんよ?

 

筆者のオファー承認基準

 

実際に来ているオファーと共に紹介していきます。

 

通常の物件

 

通常の物件にオファーが来ることは滅多にありません。

 

その中でも比較的数が多いのがカジノ(パチンコ)、テレビ局、空港(飛行場)に対するオファーです。

 

カジノ

カジノは100%の価値が、$500,000,000~$750,000,000が相場です。

しかし、カジノをマーケットプレイスに掲載すると$1,000,000,000~$4,000,000,000に化けることがあります。

テレビ局

テレビ局は100%の価値が$1,500,000,000~$2,200,000,000が相場です。

しかし、テレビ局をマーケットプレイスに掲載すると$4,500,000,000~$8,000,000,000に化けることがあります。

空港

空港は100%の価値が$5,000,000,000~$7,000,000,000が相場です。

しかし、空港をマーケットプレイスに掲載すると$10,000,000,000~$20,000,000,000に化けることがあります。

 

このようにカジノ・テレビ局・空港のような高額物件は、溢れたCASHをいち早くPROPERTIES(不動産)に変えたいユーザーに人気があり、大抵2倍以上に価値が跳ね上がります。

 

その為、私はこれらの物件にオファーが来た場合、期待値も含めて現在の価値の2.5倍以上を承認基準にしています。

 

街・島

 

下記の画像のうちASAKUSA(浅草)は、”市町村区”ではなく”街”にカテゴライズされます。

街や島は100%の価値が$1,000,000,000を超え、大きなエリアを包括するために知名度もあります。

 

街・島は100%の価値が$1,000,000,000~$3,500,000,000が相場です。

街をマーケットプレイスに掲載した場合、$3,000,000,000~$18,000,000,000に化けることがあります。

大抵の場合3倍~5倍になることが多いので、私はこれらの物件にオファーが来た場合、期待値も含めて現在の価値の3.5倍以上を承認基準にしています

 

上記のASAKUSA(浅草)へのオファーはもちろん否認しています。

 

市町村区/シンボルへのオファー

 

これらは全て市町村区で、購入するためにはコインが必須な物件です。

その為、売却時には慎重にならなくてはいけません。

 

 

市町村区を100%を所有することは滅多に無いため、0.1%単位で説明します。

市町村区は0.1%の価値が$80,000,000~$120,000,000が相場です。

しかし、売却時にコインを使用する他、知名度もあるため価値は跳ね上がりやすく5倍以上になります。

 

私は他人が所有する市町村区にオファーをする際、5~6倍の金額を提示するため、利益を確保するために7~8倍のオファーしか承認しないようにしています。

ツールバーへスキップ